鼻風邪をひいてしまいました

先日も鼻風邪をひいてしまって大変だったのに、また鼻風邪をひいてしまって、くしゃみが出たり鼻がつまったりしてすごく嫌な感じがします。

鼻が詰まると食べ物の匂いがしなくて、味がはっきりと味わえないのでつまんないと言う感じです。

点鼻薬をさしても鼻風邪の時の鼻づまりには効果が現れず、鼻づまりは解消されません。

でも、発熱して体がだるい風邪にくらべたら、まだ鼻風邪のほうが体が動かせるだけマシだと思います。

風邪をひきやすい体質なので、日頃から気をつけているのですが、それでも今の季節は気温差が激しく、すぐに体調を壊してしまうので本当に大変です。

ただでも鼻の下が荒れているのに、鼻風邪で鼻をかむのでヒリヒリしてしまって困ります。

たぶん今、生理の1〜2週間前だと思います。

ですからおそらく、いわゆる「イライラ期」でしょう。

最近では加齢も手伝って、ホルモンバランスも安定していないようですから、身体も火照ったりむくんだりと辛くて、余計にイライラしてしまいます。

とは言え、いかんせん内弁慶ですから、イライラしても、他人に当たることができません。

うちの職場にも生理前になると、イライラギスギスしているオバさんがいるのですが、ある意味自分の感情に正直に生きていて、羨ましいなぁと思いますね。

私はイラッとしても瞬時に高度なイヤミが出てこないですから。

しかし、そうは言っても、私は人間ができているわけではありませんから、生理前のイライラの矛先は、なんの罪もない星占いに向いたりもしてしまうのですよね。

朝のニュース番組の星占いミニコーナーに向かって「当たんないんだよ!」だの言ってしまいますね。

当たるも八卦...的なあそびであるはずだと、穏やかなときは思っているのですけれど。

育児ストレス

毎日言うことの利かない子供と一緒に過ごしていると、イライラしてきます。

それは自分が大人であって子供にもそれなりのことを求めるからだと思います。

簡単な事を子供が出来なかったりするとなぜという気持ちが先走り、きつく叱ってしまったりします。

そうなると心の余裕もなくなり、ストレスとなりますが、子供と接するときに自分も子供に戻ったかのようにしてみると案外、イライラしなくなりました。

どういうことかといいますと、自分も子供と一緒に馬鹿な事をしてみるということです。

そうすることによって気分が変わり、少々気が紛れてストレスに感じませんでした。

子供が独り立ちするまで大変ですが、試行錯誤しながら子育てをしていこうと思っています。

手帳を探しています。

来年用の手帳を探しています。

私のこだわりはまず第一にあまり大きくないことです。

何故か荷物が多いので、これは絶対に譲れません。

そして中身は一か月の見開きページが、月曜始まりが理想です。

土曜、日曜が左右に離れているタイプだと連休が分かりにくく、使いづらいです。

秋からいろいろな手帳が出ていて見ているのですが、まだこれだ!

と納得いくものがありません。

ほとんどが重たいという理由で却下です。

ネットの雑貨屋さんでとても素敵な手帳を見つけましたが、今までの2倍の重さで、どうしようか迷っています。

アンティーク風なこった本みたいな表紙が凄く素敵で、外国の本みたいな感じで毎年違う柄でコレクションしている人もいるくらいです。

ポリシーを曲げて重くても買うか、すごく悩んでいます。

皆既月食見ればよかった...!

先日、ニュースでやっていた皆既月食。

結局全く見ることなく終わってしまいました...。

次は来年の4月4日だそうなので、その日は絶対に見逃さないようにしたいと思います。

やっぱり自然現象にももう少ししっかり興味を持つ事が大切だなと思いました。

25歳にもなって恥ずかしいのですが、私は皆既月食が何なのかも知りませんでした。

それでグーグルで調べてやっと分った感じです。

やっぱり、このような一般常識を知らないのは恥ずかしいですね。

それなりの最低限の知識は身につけておきたいと思いました。

とにかくニュースを小まめにみて、今のトレンドやどんなニュースが流れているのか?

これをしっかり把握したいと思います。

皆既月食、次は絶対家族で見ます!

習慣を変えるのは難しい事

習慣を変えるのはとても難しいと実感しています。

とても強いストレスがかかります。

以前は5時過ぎに起きて、子供のお弁当を作っていましたが、今は部活をやめて受験生になったので、お弁当はゆっくり作れば良くなり早起きする必用がなくなりました。

そうして3か月が過ぎたのですが、なんとまた早くお弁当を作らなければならなくなったのです。

子供が朝早く学校へ行って朝勉するというのです。

教室にも早くから他の生徒も来ていて、朝のしーんとした静かな空間でかなり集中して出来るという事で子供も始めるそうです。

勉強することは嬉しい事ですが、正直「嘘でしょう~?やめてよ~・・・」と思いました。

そんなわけでまた5時過ぎおきのお弁当作りが始まりましたが、一旦楽な生活を味わっただけに、すごくストレスです。

習慣を変えると言うのは本当に難しい事だと思いました。

机の引き出し

主人の机の引き出しの中はいつも散らかっています。

同じ机を隣で使っている私の机の中は、仕切りできっちりと分けて整理され、どこに何があるかという事がすぐに分かるようになっているのですが、主人が机の引き出しを開けている時に何気なく横に目をやると散らかっている状態が丸見えです。

だからよく物を無くしてしまう事が多いのです。

できる事なら私が片付けたい、見やすいようにしてあげたいという気持ちがあるのですが、いくら夫婦とはいえ、引き出しの中を勝手に見られ、いじられるのはどうだろうかと考え、今はまだ何もしていません。

主人が起きている時はずっと座りっぱなしなので起きている時に聞いて片づける事も不可能です。

どうせ使うなら、使いやすいようにすればいいのに、私よりもうんと賢い大学を出ているのになぁ、と思ったりもします。

2.5次元というジャンル

オタクが日本文化として浸透し始めている現在、よくオタクを茶化したような言葉で「○○(二次元アニメのキャラクター)はオレの嫁」などといった発言を見受けることがありますが、最近では2.5次元という言葉が存在するそうです。

初めて聞いたときは、話題の3Dプリンターなどを利用して、アニメキャラを立体に作ることをそういうのかな?

と思ったのですが、そうではなく、アニメや漫画を舞台やミュージカルにして、それを演じる俳優さんたちに萌えることを、2.5次元萌えと表現するのだとか。

すでに認知された、特撮系の俳優さんに憧れるのと似たような感じですね。

日本人独特の、面白い命名だなあと興味深く、またそういったジャンルまで生まれてくるのってすごいと、感心です。

もう少し余裕を持ちたい!

私はいつも月末になるとどうしてもキリキリしてしまいます。

理由は、節約しなければならないのに主人が冷房をつけっぱなしで寝たり、あれ食べたくないとかこれは食べたいとかわがままを言うからです。

私ももう少し、稼がないといけないのは分っているのですが...その反面で、ゲーム代に月1万以上かけている主人にもう少しだけ節約してくれればこんなにキリキリしないのに...そう思ってしまいます。

でも、主人も大嫌いな仕事を毎日頑張ってきてくれているので何も言えません。

私は専業主婦で、在宅の仕事で月5万円程度しか稼いでいないからです。

でもほんの少しだけ一緒に節約してくれたら...好き嫌い言わずに何でも食べてくれたら...どんなに楽か...そう思わずにはいられません。

もう少しだけ余裕のある生活ができたらなと思うこの頃です。

何度も再婚する人

テレビで何回も結婚離婚を繰り返している人がいました。

よくもまぁ懲りずにと思ってしまいますが、ある意味、そんなに沢山の人と恋愛できるのがうらやましくも思います。

結婚してからほかの異性にトキメクこともなく、かといって主人にトキメクこともなく。

ですがもし、主人と離婚したとしても二度と結婚はしたくないと思ってしまいます。

結婚して自分がどれだけ自己中心的な考えの持ち主か、自分の時間がないと息が詰まるという体質なのかということを思い知ったからです。

一度きりの人生、何人もの人と生活をともにできるというのは、わたしからしてみたらうらやましくて仕方がないです。

そんなにたくさんの人にトキめく心があるということが素晴らしいと思います。